メソセラピーとは?

脂肪を溶かすメディカルダイエットとして注目を集めているメソテラピー。

メソセラピーは、注射で気になる部分の皮下脂肪を溶かす部分痩せダイエットです。

効果的に脂肪を溶かしていくだけでなく、リバウンドも少なく、しかもその施術時間は短時間で終わるというのですから、忙しい女性にとっては嬉しいダイエットといえます。

ただ、このメソセラピーでは、一度に注入する薬剤の量が決められています
用量を守りながらおこなっていきますので、1回の注射で効果を実感するのは難しいといわざるを得ない状態で、数回の通院が必要となります。

その効果には個人差があるものの、大体2~3週間に1度の通院を3~5程すると実感できるといわれています。
続けることで、少しずつサイズダウンしていき、頑固に固まったセルライトも分解していくのです。

メソセラピーではメスなどを使わない注射のみの施術となりますので、大体5~10程度で終了します。

気になる痛みは、注射針を刺す際の痛みぐらいです。
ただ、メソセラピーで使う薬剤の中にはすでに麻酔が含まれている為、その痛みも比較的軽いものとなります。

麻酔は数時間ぐらいでなくなり、それと同時に筋肉痛に似たような痛みを感じることもあります。また、赤みや腫れ、内出血といった事が2~3日間表れることもありますが、これは1週間ほどで消失していきます。

メソセラピーで使われている薬剤

薬剤を注入して脂肪を分解していくメソセラピー。
体内に注入するものですから、どのような薬剤が使われているかは気になるところです。

メソセラピーで使われている薬剤は、FDA(アメリカ食品医薬品局)で認可されている実績もしっかりとしている薬剤ですので、体内に入った後は肝臓で分解されてそのまま放出されます

体内に蓄積して残ることはない、安心の薬剤となっているのです。

①フォスファチジルコリン(Phosphatidylcholine)

別名レシチンとも呼ばれている薬剤。

脂肪細胞内でのコレステロール溶解を増加させ、コレステロールとトリグリセリド(中性脂肪)の代謝作用をコントロール。

これによりトリグリセリドを遊離脂肪酸として血液中に送り込ませ、腸管を経て体外に排出していきます。
メソセラピーでは最も重要な薬剤です。

②L-カルニチン(L-Carnitine)

血液中に移動した遊離脂肪酸が脂肪細胞に再び取り込まれないように、燃焼させる場所であるミトコンドリアまで運んでいきます。

脂質をエネルギーに変換する際には必要な、アミノ酸の仲間です。

③キシロカイン(Xylocaine)

局部麻酔の薬の一種で、薬剤を注入する際の痛みを軽減します。

*麻酔については、他の種類を使うクリニックもあります。