メソセラピーの効果の源は?

薬剤を注入するだけで頑固なセルライトをも溶解するメソセラピー。
使われる薬剤もFDAで認可を受けているということで安心。

手軽にできるメディアカルダイエットとしてその効果は優れておりリバウンドがないのも人気となっています。

そんなメソセラピーの優れた効果の元は、ファルファチジルコリン
大豆成分からできているファルファチジルコリンは、別名レシチンとも呼ばれています。

脂肪細胞にあるトリグリセリド(中性脂肪)を分解し、遊離脂肪酸として血液中に送り出すという重要な働きを持っているわけですが、ダイエット以外にも高脂血症や脂肪肝といった治療にも用いられていました。

ところが、最近ではメソセラピーへ使われることのほうがめっきり多くなっています。

メソセラピーはファルファチジルコリンを中心とした薬剤を気になる部分に注入するだけですから、その施術時間は5~10ほどと短時間
メスといった外科的な施術をおこなわないので、体への負担も軽いものといえます。

ただ、個人差はあるものの、腫れや痛みといった症状はあります
が、これも医療機関によってはこれらを減少するためのケアをおこなっているところもあるので、心配な人は事前に確認しておくといいです。

メソセラピーの効果

メソセラピーは部分痩せに効果的。

これまで「体重は落ちてもウエスト部分のお肉は落ちない」とか、「スタイルが偏っている」、「落ちて欲しくない胸から痩せていく」といった悩みを持つ人にはピッタリ。

メソセラピーで自分の思い描くスタイルにコントロールすることができるのです。

①強敵!セルライトをも溶解

脂肪組織のなかでも厄介なセルライト。

硬く落ちにくいだけでなく、ボコボコとしています。
運動や食事制限ではなかなか解決することができない頑固物ですが、メソセラピーでは問題なし。 厄介なセルライトも難なく解消していきます。

しかも、セルライトを除去することで血行やリンパの流れが良くなるといった作用だけでなく、新しいセルライトがつきにくいといったメリットもあります。

②リバウンドしにくい

メソセラピーは、脂肪そのものを効果的に溶解していくダイエット注射。

食事制限や運動といった無理がないので、リバウンドといった心配も少ないです。

③デコボコなどがないきれいな仕上がり

メソセラピーでは薬剤で脂肪を溶解していきますので、脂肪吸引などとは違い術後の仕上がりがとてもきれいです。

デコボコが残ることがないので、脂肪吸引の施術痕をなくす為に使われたりもします。